八王子の司法書士、行政書士足立・古宮事務所では八王子を中心に、債務整理・相続・登記・簡裁代理・離婚問題に迅速丁寧に対応させて頂いております。

司法書士法人足立・古宮事務所

0120-753-315│無料相談のご予約はこちら

贈与について 

komiya-kimono.png
贈与とは無償で財産を与えることであり、相続との違いは贈り手と受け手との契約によることです。
贈与は口約束でも、契約書を取り交わすこともでき、どちらでも実行の義務があります。
 
口約束の場合は、贈与が実行前であれば取消しができますが、契約書による場合は簡単に取消すことはできません。
贈与には贈与税の対象となる「生前贈与」と相続人でなくとも相続税の対象となる「死因贈与」があります。
 
平成15年の税制改正で相続税と贈与税を一体化した相続時清算課税制度で生前贈与がやりやすくなり、相続を考える上で贈与の仕組みを知ることは世代間の財産移転をスムーズにする有効な生前対策と言えます。
 

生前贈与 

生前贈与は生きている間に財産を譲ることで、贈与税が気にかかるところですが、従来からの「暦年課税」と、平成15年の税制改正で導入された「相続時清算課税」があります。
 
暦年課税による贈与には受贈者1人に年間110万円の基礎控除があります。
 
1年間に受け取った贈与財産の合計額から、110万円を引いた残りの額に贈与税がかかります。
 
贈与税の配偶者控除という制度がありますが、相続の場合との違いはよく検討することが必要です。 
 

死因贈与 

死因贈与とは、自分が亡くなったら財産をあげるという条件をつけてする贈与契約です。
 
口約束であれば取消すことはできますが、契約書を交わした場合は簡単に取消すことができません。
 
遺言による遺贈の場合と同じく相続人でなくても贈与税ではなく基礎控除の多い相続税の対象となります。
 
注意点は、受遺者が贈与者の死亡以前に死亡したときは、死因贈与はその効力を失い、それらは相続財産として相続人に帰属することです。また、契約という性質上遺言書のように検認の必要はありません。 
 
 
贈与に関して分からない事、贈与契約書の書き方等に丁寧にサポートさせていただきます。お気軽にご相談下さい! 

 

toiawase-bana.bmp

 

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。


事務所メニュー

トップページ

無料相談

Q&A

事務所案内

アクセスマップ

お問合せ