八王子の司法書士、行政書士足立・古宮事務所では八王子を中心に、債務整理・相続・登記・簡裁代理・離婚問題に迅速丁寧に対応させて頂いております。

司法書士法人足立・古宮事務所

0120-753-315│無料相談のご予約はこちら

Q&A

Q1.どんなことでも相談していいんですか?

もちろん結構です。 
スケジュールの許す限り,どのような相談であってもお聞きします。
なお,当事務所では,以下の事柄に関する相談を主に行っています。
 
・債務整理
・相続
・商業登記
・不動産登記
・簡裁代理
・行政書士業務
 

Q2.相談した内容は秘密にしてもらえますか?

司法書士には,司法書士法によって守秘義務が課せられています。
したがって,相談者からおうかがいした内容を,第三者にお話しすることは,絶対にありませんのでご安心ください。  
 

Q3.電話相談は受付けていますか?

当事務所では、電話での無料相談を受け付けております。 
是非、お気軽にご相談下さい!  
 

Q4.法律相談は初めてですので何だか相談しにくいのですが? 

ご心配無用です。ぜひ一度相談下さい。
不要な心配であったことが,ご理解いただけると信じています。  
 
 

Q5.何らかの手続を依頼する場合,とても費用がかかるのではないですか?

仮に何らかの手続のご依頼を頂く場合,手続を進める前に,明確に費用をご呈示します。
よくご納得のうえ,ご依頼ください。なお,不明瞭な費用を申し受けることはありません。   
 

Q6.手続を依頼する場合,費用は一括で支払うのですか?

民事裁判等,事件の処理によって,異なる結果が生じる可能性のあるものについては,基本的には,「着手金」と「報酬」という形で費用の請求をさせていただいております。「着手金」とは,事件を受任する際,つまり最初にお支払いただく費用であり,「報酬」とは,事件の処理によって利益が得られた際に,その利益に対して一定割合で発生する費用です。
 
一方,不動産登記等の登記手続やその他法律手続のように,基本的に事件の処理によって異なる結果を生まない手続の依頼に関しては,一括して費用を納めていただいております。以上,いずれの場合にも,当事務所報酬規程にもとづいて算出いたしますが,個別具体的事情を勘案し,分割払い等のご提案をさせていただくこともあります。ご要望をご相談ください。  
 

Q7.問題が起こる前の予防の意味での相談は可能ですか? 

もちろん可能です。というよりも,これは司法書士が最も得意とする分野です。 
よくお話をおうかがいし,依頼者の皆さんが何を求めていらっしゃるかを十分理解したうえで,適切な手を打ちます。
 

Q8.悩みがあるのですが,司法書士さんに聞いてもらっていいのかわからないのですが?

どんどんご相談ください。 もちろん,ご相談の内容が,司法書士業務ではない場合,私自身が解決に関わることはありませんが,それを誰に依頼すべきかの判断を,適切に行うことが出来ますし,また,ご要望であれば,信頼出来る専門家をご紹介することも出来ます。 

 

toiawase-bana.bmp

 

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。


事務所メニュー

トップページ

無料相談

Q&A

事務所案内

アクセスマップ

お問合せ